#05 exhibition tries to return Nerhol April 22nd - May 10th 2014


ギャラリーここは2012年の「チャーリー・コールハース メタボリズム・トリップ」展以来、約2年ぶりとなる展覧会を開催します。4月22日よりスタートする「tries to return /かえりみる」展は、今注目のアートユニット“Nerhol (ネルホル)”をフィーチャー、約6点の新作で展示構成いたします。ポートレートを主軸に制作を展開してきたNerholが、今回はボトルから零れ落ちる水や石油ストーブで焚かれる炎、あるいは、ガスキッチンで沸騰する水など、新たなモチーフを選び制作をしています。いずれも、どこか遠くから、何らかの手段を通じて、私たちの手元まで運ばれてくる日常の極めて身近な存在物たちです。それらが生まれ出る場所、運ばれてくる手段等、そのどれもが確実に存在するものであるにも関わらず、私たちは通常、そうしたことを意識することなく消費し、また新たに入手するということを繰り返しています。そうした日常に穿ちを入れ、存在の「姿」を留めようとすること。今回の展覧会では、これまでもNerholが一貫して突き詰めてきた制作コンセプトを、より先鋭化させた作品が発表されます。


<ギャラリー ここ>
東京都渋谷区恵比寿南2-8-13キョウデンビル2階
会期:4月22日火曜日〜5月10日土曜日
営業時間:13:00〜18:30
(月曜定休。4月29日、5月5、6日は営業)

4月22日にアーティストを迎えてオープニングイベントを開催予定。
詳細はhttps://www.facebook.com/Gallerykokoでご確認ください。

ARTIST INFO CONCEPT